容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

テニスの打ち方 フォアハンド・バックハンド

  1. 2012/03/12(月) 16:35:22|
  2. 硬式テニス 練習メニュー |
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)


一緒にはじめて友人たちにどんどん差をつけられるばかりで、なかなか上達できずにいたとしても、
テニスのコツがどんどん身についていき、狙ったところにボールを返せるようになる練習法がこちら







あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないかと思いますが、





■タイミングがずれる

■体の動きがぎこちない

■ショットを打つ時に手が泳いでしまう

■コーチにアドバイスを受けてもアドバイス通りに体を動かすことが出来ない








テニスは練習の順番をちょっと変えて、最初に正しい筋肉の動かし方などをトレーニングしていくと、

その日のうちに信じられないほど上達していきます。


下手に打ち方やフォームにこだわってしまうと、悪い癖がついてしまうケースがほとんどで、

さらに身に着けるまでに大変な労力を時間を必要としてしまいます。











神谷勝則さんの神谷流テニス最速上達法は、体のメカニズムに合った正しいトレーニング方法を実践していくことで、

ボールを狙い通りに的確に打ち抜くスキルが見違えるようにアップしていきます。


神谷さんとは、増田健太郎、茶圓鉄也、岩渕聡、杉山愛など、数多くのトッププレーヤーを育て上げてきた実績のある人で、

アマチュアを含めるとこれまでに指導してきた数はなんと30万人規模!





日本テニス協会 S級エリートコーチやRec City SHOW Tennis Project 代表 ヘッドコーチなどを務める傍ら、

月刊スマッシュや月刊テニスマガジンなどでも連載をしています。
神谷さんの詳細な情報がこちら






神谷流テニス最速上達法は、

打ち方やフォームを身に着けるより、もっと短期間でテニスのスキルが上達できるトレーニングマニュアルで、

自分のできるところ、やりたいところから始めることができます。





機能分析と呼ばれる体の筋肉の使い方から教える指導法に基づいていて、

つらく厳しい練習を何時間も続けることなく、誰にでもできるシンプルな練習を軽い負荷で実践して行くだけです。


具体的にどんなことをしていくのかというと、こちらに詳細な説明がありますので、

内容を整理してポイントを挙げていくと↓のような感じです。








■テニスが下手な人がボールを打つ時、手が泳いでいるように見える理由

■周りにあるものを使いながら、上半身のとくに、腕の動きを理解していくトレーニング

■ボールを打つ方向と腕の関係を意識するトレーニング

■回転の考え方をサーブに応用して、回転サーブが出来るようになるトレーニング












神谷流テニス最速上達法のホームページには、神谷勝則さんあてに届けられた体験談が掲載されています。







今までスクールでやっていたフォームの練習やラケットの握り方などは何だったのかと思います

テニススクールに1年間みっちり通ってトレーニングを受けたくらいの価値があると思います。

その通りに練習していったら、今までの自分と見違えるほどレベルアップしているのが実感できています

1日で明らかに上達しているのが実感できて驚きました







彼らの声にあるように、

打ち方・フォームにこだわっているうちは、時間をかけても上達はほとんど実感できないし、

ましてや悪い癖がついてしまうリスクもあります。


神谷さんの4つのトレーニングに従い、筋肉の動きを理解して、

バランスとリズムとタイミングをきちんと取るようにしていけば、

あなたも、練習を始めてすぐに↓のようになることができます。





■フォームを考えなくてもきれいにサーブが入るようになる

■無駄な力を抜いてプレーできる

■体力が乏しくてもテニスが上達する

■長い時間ラリーが続くようになる












無駄なこと・非効率なやり方を一切なくし、あなたの可能な範囲で最短の時間でテニスが上達する練習法を実践してみるにはこちら










原口證 記憶術 やり方
バストアップ
川村明宏記憶術
たるみ解消

DTIブログって?